FC2ブログ
肩関節周囲炎の治療についてお話しします。
急性期(何らかの原因で痛みがでた直後から3週間程度)は痛みの程度により、
氷で冷やす、鎮痛剤内服、外用剤、関節内注射を行います。
痛みが落ち着いていけば徐々に可動域改善のための運動を行っていきます。
3週以降になれば、亜急性期・回復期とよばれ、
基本は温めながら、可動域改善運動が推奨されます。
腱板損傷は外傷で起こりますが、加齢変性でも起こるので、必ずしも手術は必要ではありません。
しかし、これが原因で肩が上がらない、痛みが持続する場合は、肩の専門医に受診するのがよいですね。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

整形外科専門医 石田直樹

Author:整形外科専門医 石田直樹
北海道・帯広で整形外科医として日々患者さんの診療にあたっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR