FC2ブログ
PRP療法は人工関節置換術のように完治を目標とするものではありません。
関節の痛みや炎症を改善することが目標になります。
炎症を抑えることで、軟骨破壊を防ぎ、変形性関節症の進行をくいとめます。
しかし、1回の注射での効果持続期間は現在のところ約2年といわれています。
したがって、仕事が忙しく今は入院する余裕がない時、あと1-2年痛みを軽くして、
仕事がしたいなど、今までの保存的治療で効果が不十分な患者さんに最適な治療法といえます。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

整形外科専門医 石田直樹

Author:整形外科専門医 石田直樹
北海道・帯広で整形外科医として日々患者さんの診療にあたっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR